読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイアの日常

49歳でセミリタイアしました。北海道在住のベビメタファン。

コミュ障50代無職でも結婚できた件

私は新婚3年目だ。 50代無職でも再婚できた。私はバツイチ、妻は初婚だ。 新婚というほどでもないが、50代無職でも「新婚さんいらっしゃい」にだって応募資格がある。 「新婚さんいらっしゃい」に、たまに60代年金受給者のかたが出場しているのを笑って見て…

セミリタイアを目指すならいろんなものへの依存度を下げよう

子どもひとり育てるのに3000万円かかると言われている。 1人3000万円は盛っているとしても、7掛けくらいはかかるように思う。 私がセミリタイアしたのは子どもたちが大学を出て社会人になってからだ。 子育て資金のことが頭にあり子供が巣立つまでセミリタ…

余分なお金を持つと余分なものしか買わない

森の生活の著者 ソローの言葉。 本当にそうだと思う。 自分にとって本当に買って良かったと思うものは、後になっても何倍のお金を払ったとしてもこれは買って良かったと思うけど、結構そうでないものが多いものだ。 どうでも良いものがうちには沢山ある。 本…

ひと月の稼ぎがいくらまでならセミリタイアなんだろう

定年前に会社を辞め、何かしらの手段で収入を得て生活をし、気ままに暮らしていくことをセミリタイアというらしい。 何かしらの手段で収入を得るとして、いくらくらいの収入という定義はない。 でも、「セミ」ということは「本気じゃない程度」の収入をイメ…

2015年の振り返りと2016年の目標

明けましておめでとうございます。 稚拙なブログではございますが、今年もお付き合いいただければ望外です。 マイペースにぼちぼちやっていきたいと思っております。今年も宜しくお願いいたします。 今年もですます調は使わないで書かせていただきます。ご了…

要介護になると恐ろしくお金がかかる現実

私の親が要介護で施設に入っていて毎月のように入院している。 病院は1割負担でかつ障害者上限のお陰で負担軽減される。 それでも、施設に20数万円、入院費約6万円、合わせて約30万円掛かっている。 勿論そんなに年金はないので持ち出しで何とかしている。 …

お金のために書いているんじゃない

基本的に人はお金が好き、お金がほしいと思っていると思う。 本当にそうだろうか? 私はブログを書のに、お金のために書くのはとっくに辞めている。 儲からなかった時にがっかりするのがムダだと感じるからだ。 一日何時間も記事を書いたりCMバナー張ったり…

これから死ぬまでに1億円貯めるのではなく使おうと考えた

社会の上昇気流にのってるうちに資産ができていた。 でも、気がつくととっくに社会が上昇をやめていた。 自分が上昇を続けているだけだった。 倒れるほど働き続けていた間に時間は流れていた。 はやりの歌も知らない空白の年が私にはところどころある。 一世…

3年前から資産が変わっていない

来年の手帳の準備を始めたところ、3年前の手帳が出てきた。 この3年間、資産は変わっていないことが分かった。 資産を目減りすることなく過ごすことが出来たのは幸いだ。 でも、金銭感覚をしっかりしないと。お金が無くなったらリカバリできないのだから。…

何十年先もブログを書き続ける生活

私はいつも前向きに生きることができない人間だ。 そして、自分の人生は悔いだらけで女々しい。 だから「わが人生に悔いはない」ような生き方はできない。 私は自由になりたくてセミリタイアという生き方を選んだ。 世間的には、人から嫌われることはつらく…

隠居修行をしている

私の場合、半隠居ではない。隠居生活を目指している。 憧れの隠居生活。 やりたくないことはしない日々を暮らしている。 会社や仕事のこと、人間関係のことを気にすることは無くなった。 会社や仕事のこと、人間関係のことの本への興味も無くなり処分した。 …

もう東京には住めない

東京に3年ずつ延べ9年住んでいた。 最初の東京暮らしは寮で6畳2人だった。 部屋にはエアコンもなく、夏は網戸から高速道路の音が聞こえて寝苦しかった。 数年後にエアコンのある部屋で暮らすと涼しくて感動した。 以来、東京でエアコンのない暮らしは考…

持ち家Bライフ志向の生活をしている

Bライフの小屋暮らしは私にはハードルが高すぎるので、自宅に居ながらBライフ志向の暮らしを楽しむようにしている。 私にとってBライフの魅力は家にお金をかけないで自由な暮らしを楽しむことだ。 私は北海道で持ち家に住んでいる。 小屋暮らしではないが…

ねんきん定期便が確定額だといいのにと思う

残念ながら「ねんきん定期便」の支給額は確定額ではない。 あくまでこれまで通り60歳まで払ったと仮定した予測額だ。 厚生年金なら厚生年金を今まで通り60歳まで同じ額を納めたとしたらこうなる、というものなのでスパッと今後払わなかったとしたらの「確定…

ギャンブルとも投資とも無関係に生きたい

とは言っても持っているいくばくかの資産のうち一部は有価証券が含まれている。 新聞は取っているがチラシしか見ない。 正確には株価の紙面を見るのを避けている。 証券会社のHPもログインするのは年に数回だ。 持ち株がどうなっているのか、証券会社のH…

セミリタイアしたらこんな風に生きたい3 しないこと

今、「断捨離」がブームになっている。 私も今までの生活からさっぱりすっきりしてのんびりしたいと望んでいる。 その「さっぱり」「すっきり」したいというこれまでの生活からの引き算する志向が「断捨離」であると思う。 紛争や餓鬼、環境破壊、金融危機、…

セミリタイアしたらこんな風に生きたい2 誰かに認められようとすることはやめる

子どもの時から学生時代、会社員時代を通して私はずっと真面目になるべく道を踏み外さないように、優等生的に生きてきた。 親の期待に応えられるように、子どもたちに頑張っている父の背中を見せられるように頑張って生きてきた。子どもたちも社会人となり自…

リタイアしてやりたかったこと その1

やりたかったこと その1 好きなだけ寝る生活をする 私は20代の頃から不眠症で悩んでいた。 仕事で徹夜になることも多く、一日2,3時間の睡眠で過ごすことが多かった。 休みの日は午前中は死んだように寝ていた。 そんな生活をしていたので、毎日好きな…

ライフプラン 2015年10月

今年はリフォーム、家具・家電製品の買い替えが多かったのだが、そういう大型支出は月々の計画からは除外している。 今のところの目安として考えている支出内訳 食費 予算 6万円 税金・年金 4万円 介護費補填 2万円 光熱費 2.5万円 通信費 2万円 保険 1.5万…

人生はつまるところ思い出でできている

人生はつまるところ思い出でできていると私は思います。 子供の頃の思い出、学生時代の思い出、就職した頃の思い出、結婚した頃の思い出、子供たちを持った思い出、子供たちが巣立った思い出、離婚した思い出、両親との思い出、何かを達成した思い出、失敗し…

人生で一番大切なもの

人生で一番大切なもの それは、「健康と時間」。「元気でいられるうちの時間」。私はそう思います。 自分が元気でいられる残りの時間は有限であり、少なくとも「今が一番若い」。 現在、健康年齢は73歳くらいらしいので、私の場合「元気に動き回れる時間」…

セミリタイアしたらこんな風に生きたい1 結果を気にしない

リタイアしたらやりたかったことは2通りあります。 ひとつはもっと音楽を聴きたい、映画を観たいとかの「時間の使い方」。 もうひとつは、こんな風に生活を送りたいという「生き方」です。 今日はリタイアしたらこんな風に生活をしたいと思っていたことです…

一戸建て持ち家のランニングコストは安くはない

今住んでいるのは一戸建てでローンはありません。 こう言うと、住むのにお金が掛からないでいいなあと思われるかもしれませんが、一戸建ては結構、維持費がかかります。 今年リフォームしたのは一階3部屋の壁紙貼り替え、ふすま貼り替え、屋根の塗装。去年…

気が小さく真面目に生きてきた

セミリタイア前のサラリーマンをしていた時、私も人並みにこんな生活は嫌だ、辞めたいと何度か(いつも)思っていました。 でも私は気が小さくサラリーマン生活を辞められずにいました。サラリーマン生活からリタイアしたのは就職してから実に30年経っていまし…

リタイアしたらダウンサイジングをする

リタイア前と変わらない支出でライフプランされている方もいると思いますが、過半数はリタイアしたら支出のダウンサイジングをすると思います。 私も20代30代の支出が多かった頃のような感覚でお金を使ったらいけないと思い、家計の見直しをしました。 セミ…