読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイアの日常

49歳でセミリタイアしました。北海道在住のベビメタファン。

気が小さく真面目に生きてきた

セミリタイア前のサラリーマンをしていた時、私も人並みにこんな生活は嫌だ、辞めたいと何度か(いつも)思っていました。

 
でも私は気が小さくサラリーマン生活を辞められずにいました。サラリーマン生活からリタイアしたのは就職してから実に30年経っていました。
 
サラリーマン生活の中には、とても充実していた頃もあって、その頃は人から頼られる、人の役に立っていることに喜びを感じていました。でもそんなことばかりであるわけがなくて、辛い時間のほうが長かった。私は人に使われることを得手としない、サラリーマンに不向きな人間だということは自覚していました。
 
私は10代の頃から何となく10年先の自分は想像できていました。そして30歳くらいまでは10年先の自分を想像できていたのですが、40代になると10年先の自分を想像できなくなりました。
 
そして40代後半になったある時、ライフプランシートに自分の将来を入力する機会がありました。その時から私は60前にリタイアしたらどうなるか、ああでもないこうでもないとシミュレーションをしました。
 
よく人のライフプランを参考にしたがる方がいますが、自分の将来は自分がどうしたいのかなので、自分が考えなくては意味がありません。
 
そして何と言えばいいのか、セミリタイアするということをおぼろげに考えるようになってから、セミリタイアすることが自然と近づいてきたのです。
 
セミリタイアすることは、ずっと前から望んでいたことではなく、ここ数年の中の流れの中で自然とそういうことになっていった出来事なんです。
 
今は、自分が生きていれば10年先20年先はこんな感じで暮らしているだろうということが何となく想像できるようになりました。
 
退職してからは特に困った事もなく、自分がリタイアするならいいタイミングだったのかもしれないなあと思っています。
 
 

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村