セミリタイアの日常

49歳でリタイアしました。北海道在住、気の向くままの生活をしています。

お金のことではみんなが同じ方向を向いていることが生きづらさを生んでいる

この数年、社会的信用よりお金のほうが優先されがちな世の中の流れを感じている。

 

良い大学を出て大きな会社やステータスのある仕事に就くよりも、お金をたくさん稼げるか?お金をたくさん持てるか?のほうが優先されてきていると感じている。

 

大きな会社にいても定年まで楽していれない世の中になったせいで、世の中の価値観が変わってきているのだろうと思う。

 

お金を稼ぐことが悪いということではないけど、お金欲しさに理想が無くなってしまうのは問題だと思う。

 

夢や理想は貧乏より大切だと考える人、お金より大切なものがあるはずだと考える人が安心して暮らせなくなるのは問題だ。

 

貧乏をしてまで夢や理想を追いかける人がいなくなってしまうのは良くない。

 

お金を稼ぎたい人、理想を追いかけたい人、いろいろな人がいて良いはずだ。

 

昔より価値観が多様化しているのに、こと「お金のことではみんなが同じ方向を向いている」ように感じている。

 

「お金のことではみんなが同じ方向を向いている」ことが生きづらさを生んでいるんではないかと思う。

 

 

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村