セミリタイアの日常

49歳でリタイアしました。北海道在住、気の向くままの生活をしています。

宇宙にとってみれば自分が生きている時間なんて瞬間の存在って本当に信じている?

多分そうなんだろうと思う。

科学者の言うことは多分正しいんだろう。

 

でも何万光年先の宇宙なんて誰も行ったことないでしょう?

死んだら何処に行くなんて誰にも解明できていないでしょう?

神がいるかなんて誰も証明できていないでしょう?

 

分かっているのは今までの生きてきた中で起きたことと、過去の残っている科学や史跡や美術や音楽や本などの知識だけ。

 

旅して分かるのは何処に行ったって風が吹き雲が流れ太陽が照り雨が降ること。

それは神が作った規律なのか分からないけど。

 

多少の気候の違いはあるにしても。

知らない土地に知らない人が暮しているということ。

地球の何処に行ったって景色が少し変わるだけじゃないのか?

 

人生という旅で地球の何処に住もうが自分次第だっていうことなんでしょう?

ここが嫌なら他に良い所を探して住めばいい。

日本が嫌なら国外に住めばいいだけなんでしょう?

でも実際にはそこまで割り切るのは難しい。日本は嫌いじゃないし。

 

私は組織に絶望しここに住むことも嫌になったこともあるけど、食べ物が美味しく自然が豊かで文化的な暮しができる生活が、ひと月10数万円で手に入るこの街に移住者が多いのが、セミリタイアしてからよく理解できるようになってきた。

 

結局、自分のやりたいことを好きなだけできれば、それがその人の幸せなんだってことは誰もが思うことで。

それが仕事であっても趣味であってもいいんだろう。勿論何もしたくないならそれでもいいのだと思う。

 

生きているのはせいぜい数十年なのが現実。

その数十年のうち自分の好きに生きれる時間なんてさらに短い。

 

そんなことを頭の片隅に置いておけば少しは毎日を大切にしようと思えるかも知れない。

 

孤独を少し和らげることを来年の目標にしよう。

ブログを始めたときはひとりぼっちだったけど、きっとひとりじゃない。

 

 

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村