読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイアの日常

49歳でセミリタイアしました。北海道在住のベビメタファン。

コミュ障50代無職でも結婚できた件

私は新婚3年目だ。

50代無職でも再婚できた。私はバツイチ、妻は初婚だ。

 

新婚というほどでもないが、50代無職でも「新婚さんいらっしゃい」にだって応募資格がある。

 

「新婚さんいらっしゃい」に、たまに60代年金受給者のかたが出場しているのを笑って見ているが、実はひとのことを笑える立場ではないのだ。

 

妻の親や兄妹には挨拶したが、私の職業は伝えていない。

聞かれたら自営業で自宅で仕事をしているということにしていたが聞かれなかった。

多分気を使っているのだと思う。

 

親同士の挨拶は介護施設で行った。w

 

私がこれまで生きてきた中で職業や勤めている会社を聞かれることは常識のひとつだった。

でも、世の中それほど職業を気にするひとばかりではないようだ。

 

だから、私もセミリタイアしてからはひとの職業や会社は突っ込んでは聞かないようにしている。

 

もし、自分の娘が50代無職と結婚すると聞いたら反対するかもしれない。

若い人は先が長いからお相手の職業を気にするかもしれない。

でも、50代になるとそんなのどうでもいいのだ。

 

夫婦別姓というのも私のは結構身近なことだったりした。

別姓という選択肢もあったのかもしれない。あまり深く考えなかった。

 

結婚は難しいと思っていたが、この歳になると障壁はなにもなかった。

結婚を反対されたりするのをドラマであったりするが、どこの国のことだろうと思う。

報告するひとがあまりいないので反対されようがない。結婚なんてすきにすれば、という環境だ。

 

私はいわゆるコミュ障だと自覚していたので孤独死するんだろうなと思っていたが、妻より先に逝ければ孤独死ではなくなったのだから妻には長生きしてもらって、私は妻より長生きしないようにしようと思う。

 

その前に、少し歳はいっているが新婚生活を楽しんでおきたい。

 

 

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村