セミリタイアの日常

49歳でリタイアしました。北海道在住、気の向くままの生活をしています。

笑っていいともが嫌いだった

その昔、笑っていいともを私は嫌いだった。

 

昔、タモリさんは「ネクラ」をひどく差別し、TVで「ネクラ攻撃」を繰り返した。

(ここ数年笑っていいともでの「ネクラ」発言はすっかり無くなっていた)

 

今と比べると、タモリさんもまだ若く売れたくて、とがっていたのだと思う。

 

売れたいからウケルためにやっていると思っても「ネクラ攻撃」は私は嫌いだった。

 

実生活では私は無理して明るく振る舞い、結果とても疲れた。

自分じゃない自分を演じることに疲れたし、そんな生き方が嫌だったが生きるために明るく振る舞っていた。

 

なんとも暗い人間だと思ってしまうが、最近蛭子さんの本が20万部のベストセラーになっているのをご存知だろうか。

その本に書いてある蛭子さん自身のことが私にとても当てはまっているのだ。

 

つまり、これだけ売れて共感されるということは「ネクラ攻撃」が辛かった私の「同志」たちが世の中には結構いるのだ。

 

要するに、評価されるために自分を押し殺し自分を繕って生きているひとがいかに多いかということだ。

 

ブログでも「人は株のみで食べていけるか?」の山中一人さんとか、私に似た匂いを感じるかたがいるとほっとする。

 

私は会いたくもないひと達と会い続けなければならない生活に決別した人間だ。

 

会いたくもないひと達と会い続ける不毛な日々から決別した。

 

なので、会いたいと思うひと達としか会わなくてもいい生活になった。

 

では、会いたいひととはどうやって出会うか?

もちろん蛭子さんが書かれているように無理にひとと会う必要なんてないと思うが。

 

ひとつは、このブログに興味を持ってくださり、共通点を見出してくださるひと、そして私もまたその方に興味を持てるかたと出会えるのがベストだと思っている。

 

だから、このブログは今の私の名刺のようなものだと思っている。

 

これから将来に渡り、長く付き合っていければ、生存確認?など助け合っていけるかもしれないと思っている。

 

そして、暑い夏の日には一緒にビールでも飲めば良い気分で良い時間を過ごせるんじゃないか、そんな願望を持っている。

 

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村