セミリタイアの日常

49歳でリタイアしました。北海道在住、気の向くままの生活をしています。

移住は幻想なんだろうか?

マレーシアに移住したかった。

MM2Hの取得を本気で考えていた。でも止めた。

行くにしても1回3か月、年半年の観光ビザの期間の範囲でいいと判断した。

 

実際に行ってみてマレーシアで一生住むのは無いな、と自分なりの答えを出した。

クアラルンプール、ペナン、イポーは北海道育ちの私には暑過ぎて無理だと思う。

 

唯一、私がしばらく居られそうな気候だったのはキャメロンハイランドだった。

ここには通うかもしれない。

原住民のひと達が住む道を通って行く時不安を感じたけど。

原住民のひとが襲ってきたらどうすればよいのか?なんて考えてしまう。

妻を原住民のひとから守れるだろうか?なんて。

 

キャメロンハイランドの日本人会の方々は予想よりフレンドリーで優しかった。

ただアーリーリタイア者は見かけなかった。

日本人会のメリットのひとつのヘリテージホテルの優待価格は魅力だけど、50代の若造には少し年齢層のハードルを感じた。

日本人会という名称ではあるが、正確には日本リタイア者の会なのかもしれない。

今後も通う都度、日本人会への入会については考えてみようと思う。

 

40代50代でキャメロンハイランドに通われている方がいらしたら是非私にお声掛けしていただければと思っている。

 

物価が高くなってきたとか聞いていたけど、円高のお陰で楽しく旅行できた。

でも、昔からみたら随分物価は上がってきているそうだ。

食べ物が日本人の口に合うという情報があったがいささか誇張を感じた。

スチームボートやカレーなど美味しかったけど、日本の鍋やカレーのほうが私には美味しく感じた。日本の鍋のスープは本当によくできている。

マレーシア旅行から帰ってきてから食べる日本の食べ物は本当に美味しい。

 

どこの国に行っても(多分ハワイ以外)、日本語以外を話せないと暮せないだろう。

どの程度語学力が必要かは行き先で変わるだろうけど、英単語が出てこないと話しにならないので、それくらいは用意しようと思う。

現地語じゃないとダメなところも多いだろうけど。

ある程度単語が分かれば、現地で教えてもらう手もありだろう。

 

移住を経済的なハードルで考えるとタイやフィリピンは比較的ハードルは低いんだろう。

でも行く前から旅行レベルでも不安な環境を感じるのでどうなんだろうか?

行ってみたら案外いいかもしれないけど。

 

東京にはもう住めないと思っている。

私には暑過ぎて、ひとが多すぎて。

田舎育ちの私は住んでいるだけで疲れてしまうのだ。

 

家の中に居れば何処でも同じな気もするが、まわりの環境は自分にとって居やすさに影響するウェイトが大きい。

 

自然光で目覚め、鳥の鳴き声が聞こえ、静かな環境が私は好きだ。

 

移住して人生をやり直すというのは幻想なんだろうか?

 

もう数年、何か所か行ってみて自分なりの住み方、暮し方、居る場所の期間などを考えていこうと思う。

 

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村