セミリタイアの日常

49歳でセミリタイアしました。北海道在住、気の向くままの生活をしています。

東北買い物旅行 2016年7月

f:id:ezoris:20160805134519j:image

陸前高田の中学校。

3階の窓まで流された姿のまま残っている。

多分、被災した建物で残っているのはこれからも残すのだろう。

 

海沿いの道に被災したと思われる低い土地はまだ何もないところが多い。

 

東日本大震災から5年経つのに、まだ何もない土地が多かった。

 

f:id:ezoris:20160805134609j:image

石巻港近くの建物。

何処もかしこも復興はまだまだで、多くの重機がまだ土地のならしをしていた。

 

仮設住宅ではまだ多くのひとが生活している。

 

f:id:ezoris:20160805134637j:image

ホテルから見えた気仙沼港の景色。

 

あの時、この港も流されたのだろう。

あちこち整地作業をしていた。

整地が終わったところから建物がぽつぽつと建ってきていた。

 

ホテルの従業員は若いひとが多かった。

どうか頑張ってほしいと思った。

 

まだまだ復興には時間がかかりそうだ。

 

この先、10年とか20年とかかかるかもしれない。

もっとかかるところもあるだろう。

 

 

被災地に行くと、その被害の大きさにショックを受ける。

そして、頑張って復興しようとしているひとびとの姿に心を打たれる。

 

私たちができることはなんだろう?

まずは、被災地のものを買うことなんだと思う。

今回は車で行ったので結構な量の買い物をできたけど、今はネットショッピングも利用できる。

 

被災地の復興にはまだ時間がかかる。

長丁場になる。すでになっている。

 

被災地(岩手、宮城、福島)を見捨てない気持ちを持ち続けることが大事になってきていると思った。