セミリタイアの日常

49歳でリタイアしました。北海道在住、気の向くままの生活をしています。

セミリタイアした私は幸せのオーラが出ているだろうか?

贅沢三昧しなければ、日々の生活のお金の心配が無くなり、仕事に出ることも無くなった。

 

今はただ、その日その日を好きなように生きている。

 

では、私は幸せのオーラが出ているのか?というと多分そんなことはないと思う。

 

そもそもひとに会うことすらあまり無いのだから、世の中に存在しているのか疑わしい。

 

何かがしたいとか、夢とか、あまり無いのだ。

 

強いて言えば、自由になりたかった。

 

そして、今の生活は自由に近い。

 

もし、ということを考えても仕方がないんだけど、

もし、離婚していなかったら、

もし、会社を辞めていなかったら、

もし、親の介護をしていなかったら、

大きくはこの3つの、もし、がなかったら、私はセミリタイアしていなかったと思う。

 

一生、専業主婦の奴隷として、はうようにして会社に通い、旅行もせずに死んでいったと思う。

 

自分勝手な生きかただとは思うが、そういう時代なのだ。

 

もう、男は外で仕事を、女は家で家事を、という時代ではなくなった。

 

戦争がなかっただけ恵まれた時代だったのかもしれないけど、生きているといろいろなにかとあるものだと思う。

 

昔、パチンコの田山プロに憧れパチプロになりたかったこともあったけど、時間が自由になり、金銭的にも自由になるとパチンコ屋に行きたいと思わなくなった。

 

ひとはないものねだりで、自分の手にはいると満足してしまうのだ。

 

仕事も家庭も資産も100点、なんてひとはほとんどいないだろうし、ましてセミリタイアを目指すかたは何でもかんでも手に入れようとしないほうがいいと思う。

 

そもそも何が幸せかなんて、ひとそれぞれ違うし、セミリタイアしたから仕事も家庭も資産も100点なんてことはないのだ。

 

セミリタイアしたら幸せだなんて、していないひとがないものねだりに思う幻想だと思う。