セミリタイアの日常

49歳でリタイアしました。北海道在住、気の向くままの生活をしています。

早期リタイア者は無職だと同情されるくらいがいいと思う

f:id:ezoris:20170711221355j:image札幌 定山渓豊平峡ダム 秋の紅葉が人気  夏場もトンネルは涼しかった   記事と関係ありません

 

私は札幌に住んでいても、人混みが嫌いなので札幌駅前通りとかは好んでは行かない。

 

地下鉄にも好んでは乗らない。

札幌駅隣接のJRタワーの映画館なんかは絶対行かない。

空いている映画館なら他にいくらでもあるから、満員の映画館になんか行きたくない。

 

札幌に住んでいて、そんなに都会暮らしを求めてはいない。

基本、移動は車を使っている。

 

札幌の良いところは、ほどほどの街で自然も身近にあること、ゴキブリがほとんどいないこと(厳密にはいるらしいが私は生まれてこのかた北海道でゴキブリを見たことがない)、梅雨がないこと、台風が少ないこと、食べ物が美味いこと、そしてなにより涼しいこと。

 

でも最近は梅雨のような雨が続いたり台風がきたりで、温暖化が原因だろうというニュースが多い。

流石に誰もがフェイクニュースだと言いそうもない地球温暖化だが、アメリカの大統領がそんなのフェイクニュースだとおっしゃるのには驚いた。グレートアメリカもほどほどにしてほしいと思う。

 

北海道に旅行に来たり移住したなら、是非車を使って観光地に足を運ぶことをお勧めしたい。

札幌から1時間も車を走らせれば田舎の景色が楽しめる。

半日車を走らせれば、札幌から函館や稚内、知床、釧路とかの片道に丁度良い。

車中泊できる車ならいざという時は、24H使える洗浄トイレ完備の綺麗な道の駅があちこちにあるので気軽に出掛けられる。

でも最近は30度を超える暑い日が続いているので泊まるところを確保したほうが安心だと思う。

 

 

さて、今日は早期リタイア者の立ち位置について思うことを書こうと思う。

 

セミリタイアして何をするのか?ってあまりに自由時間があるのに戸惑う。

何をしたらいいのか分からないってかたもいる。

好きにしたらいいんだろうけど、どう好きにしたらいいのか分からない?

でも、そもそもなんのために生まれてきたのかなんて分かっているひとってそんなにいないんじゃないのかな?

それが働いていた頃の仕事だったか?っていうと、それもあっても良かったと思うけど、私は仕事のために生まれてきたのではなかったと思う。

 

どんな仕事をしたいのかなんて多くの人は結局成り行きなんじゃないかな?

第一志望だなんだかんだと理由をつけても絶対、じゃなかったはず。

なんとなく受けて受かった学校に入って、なんとなく受けて受かった会社で勤めてきた。

そして、自分がなんのために生まれてきたのかは今も分からないし、多分一生分からないんじゃないかな。

 

なにをしてもいいリタイア生活でなにをして過ごすか?と同じじゃないかな?

なにかをやり遂げるんだ、とか別に力まなくていいんじゃないかな?

なにかやりたいことができたらそれを楽しめばいいし、なにもしなくてもいいんじゃね?

 

早期リタイア者は働きたくないけど働いている多くの人からしたら、働かなくていいなんて羨ましい生活であり、よく言えば成功者なのかもしれない。

 

だとしたら、セミリタイア者アーリーリタイア者は社会に対して挑発するような、リスキーな言動は避けるべきだと思う。

 

資産ができちゃったからもう働きません!とか、こそっとつぶやくくらいにしたほうがいい。

我慢できなくて大っぴらにせずにいられないひとって、承認要求を満たしたいんじゃないかな。

その場合はまだリタイアには早いのかもしれない。

結局、承認要求を満たしたくてリタイアをやめちゃったりするかも。

リタイアなんだから目立つ必要は全くないのに。

 

隠れて生きるとまでは言わないけど、早期リタイア者は無職で可哀そうと同情されるくらいの立ち位置でいいんじゃないかなと思う。