セミリタイアの日常

49歳でリタイアしました。セミリタイアという名の無職生活を綴っています。

いつもアクセスありがとうございます。セミリタイア6年目の6月。

f:id:ezoris:20180629181050j:image去年行った台湾。PM2.5のスモッグとトイレで紙を流せないのには参りました。

 

一年ほどブログを休んでいました。

数ヶ月に一度しか覗かないほったらかしで投稿のないブログなのに、毎日のようにポイントバナーをクリックしてくださる方がいます。本当にありがとうございます。

どなたか存じませんがとても感謝しています。

そういう方がいらっしゃるのだと思うと、このブログがこのままだと申し訳ないという気持ちになりました。

 

セミリタイアした後はどうなっていくんだろう?という観点で、これからセミリタイアしたいと思っているかたにとって少しでも参考になればと思います。

これからは月に一度くらいは更新して、セミリタイア者の末路をお伝えしていければと思います。

 

今日は、お礼の言葉を言いたかったので、ですます調で書きます。

 

f:id:ezoris:20180629180839j:image

今年の春、車中泊旅行で行った関ヶ原にて。

 

 

今日は現状報告を書こうかと思います。

 

一言で言うと、何も変わったことはありません。

 

無職街道一直線の生活です。

貯金切り崩しのリアルれんげ荘の生活をしています。

そしてずっと孤独です。

妻しか話をするひとはいません。

自分にはもう友達なんてできないんじゃないかと思う日々です。

妻でも言葉を交わすひとがいれば孤独じゃないじゃないかと思う方もいるかもしれませんけど。

 

私、コミュ障でして、その辺を説明するのが難しいのですが。

想像してみてください。世界で話し相手が1人しかいなくて、夜少し言葉を交わすだけの生活を。

友達を作るにしても、何かのサークルにでも入ったら友達なんて直ぐにできるだろう?なんてことが簡単にはできない人間なのです。

そんな器用なことが出来るなら、上手く早期退職して移住して蕎麦屋でもやって人生の楽園にでも取り上げてもらいますよ。

 

世の中にはそんな器用な人ばかりじゃなくて、不器用で、不器用がゆえにリタイアして、人との交わりを避けて生きている方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

私はそういうタイプの最たる者だと思います。

もし妻がいなかったらぼっちもいいとこです。

 

でも最近思うんです。

私、仕事辞める辞めると言いつつ辞めない妻に騙されているんじゃないかって?

もし騙されるんだったら、フィリピンやタイの若い子と一緒にいるほうがいいかも?なんて。

ちょっと妄想しちゃうんです。

 

私はセミリタイアして、自分の過去を清算してやり直したいと思ってきました。

この5年間で感じることは、生活するだけなら困ることはあまりありません。

困るのはいざという時なんだと思います。

人はひとりぼっちでも何とか生きていけるのだと思います。

でも本当にひとりぼっちで話す人もいなかったら、耐性のあるひとは多くはない気がします。

誰かと言葉を交わしたくて出会いを求める人が多いのでは?と思います。それが仕事だとしても。

ずっと何かしら仕事を続ける人の何割かは寂しいからだと思います。

 

 

f:id:ezoris:20180629181701j:image

今年の春に行った福井の恐竜博物館。感動しました。素晴らしい博物館でした。

 

 

私がブログを始めたのは、セミリタイアしたかたと友達になりたいと思ったからです。

でも、そう簡単じゃありませんでした。

自分がコミュ障だと認識するくらいなので当たり前ですね。

それでもいいよという、ボランティア精神豊かなかたはご一報ください。

出来ればブログを書いていて、私からもどんな方か察することが出来るとありがたいです。

 

私はセミリタイアと言いながら、リタイア後働いたことはありません。

多分、就労という形で収入を得ることはこれからもないと思います。

つまり、私の場合、正確にはフルリタイア、アーリーリタイアというタイプになると思います。

ブログタイトルはセミリタイアとしていますが、フルリタイア、アーリーリタイアというカテゴリがないので当分はそのままにしたいと思いますのでご了承ください。

 

北海道は一週間先まで雨の予報で、気温は23度くらいです。

ここ数年、北海道でも梅雨かな?という長雨が多くなっています。

天気が悪いので北海道から出ようかと考えると、他は厳しい暑さで耐えられそうにないので、涼しくなるまでは北海道内で出歩こうかと思っています。

北海道に遊びに来るなら、天気のいい時は良い時期だと思います。

観光や食べ歩きなど、予定が合えばご一緒したいと思いますのでご一報いただけたらと思います。

 

それでは、これからもボチボチやっていきますので、宜しくお願いいたします。